英検2級の単語の対策 (単語集 おすすめ) 『ターゲット1900』 編 その1

こんばんは。
今日はクリスマスイブですが、みなさんはどのように過ごされましたか?

ちょうど1か月後の1月24日は、英検1次試験当日ですね。
年末年始が過ぎたら、意外にすぐに試験日がやってきます。
それまでに、少しずつでもいいので、しっかり準備していきましょう。

もう過去問はご覧になりましたか?
過去問をやってみてみたあなたは、まず1番の短文の語句空所補充問題を見たはずです。
20問ありますが、最初の10問は語彙の問題です。
単語をいかに知っているかを問う問題です。

あなたの最初の感想は「だめだ、単語が全くわからない。」ではありませんでしたか?
最初の問題を見て諦めて、申し込みを諦めた人も多いでしょう。
それでも思い切って申し込んでしまった、単語が苦手なあなたのために、応援の意味で少しお話をします。

英検2級は満点が75点。合格点は45点前後です。
つまり、合格点は60パーセント前後です。

ということは、最初の10問の単語問題でも60パーセントをとろうとしたら、
10問中6問を目標にすればいいわけです。

さて、単語が苦手なあなたはどうすればいいでしょう?
まずは開き直って、10問すべて適当に選択肢を選んでみたらどうなるでしょう?
英検の選択肢は4つですから、あてずっぽうで答えても2点か3点とれる計算です。

そこから出発しましょう。そもそも正解を含めた選択肢が全て知っている受験生など、まずいないでしょう。
あてずっぽうでマークした場合の2点や3点から、5点や6点レベルに上げることを考えてみませんか?

それでは次回からは、どんな単語集が英検2級に最適かを検証していきましょう。
第1弾は旺文社の『ターゲット』です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です