中野 明 (なかの あきら)

宮前平中学校時代はサッカー部。
桐蔭学園高校ではラグビー部。

慶應義塾大学経済学部出身。

大学卒業は半ばフリーターで様々な業種を転々。
(コピーライター・生命保険営業・トラック運転手など)
29歳にて教育業界へ転身。
以来、通算で18年間、英語の教育に携わる。

2008年10月より2015年3月までコア英語教室鷺沼駅前校でチューターとして修業したのち、
2015年4月に「英検専門」の『ミッドフィールド鷺沼英語塾』を立ち上げる。

私塾三田会会員
英検1級
駿台予備校にて12年間(2008年から2019年)模擬試験採点官を務め、
のべ 20,000枚以上の英作文を添削をした経験の持ち主。

「英検」の過去問をを効果的に活用し、受講者の皆様に4技能5領域全ての英語力を向上してもらうことを標榜。
各種検定対策・英会話にも対応する英語力を養成してもらうことを目指し、日々研鑽に励んでいる。
「生徒の興味を引く教材・指導法を実践する」⇒「英語が好きなる」⇒「点数が上がる」
という手法をとり、大多数の生徒が成果を上げている。

将棋3段、囲碁25級、ビリヤードB級、合氣道4級、フランス語検定5級など趣味多数。
大の阪神タイガースファン。